メニュー

関西労災病院よりご挨拶を頂きました。

[2017.11.08]

先日、関西労災病院の副院長、外科部長でいらっしゃる村田幸平先生と、上部消化管外科副部長の竹野敦先生にご来院頂きました。わざわざ当院再開後のご挨拶に来て下さり、恐悦至極でした。

今回は、当院でも積極的に胃カメラ、大腸カメラ、超音波エコー検査を行っているということもあって、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、甲状腺がん、その他のがんを含めて、手術や先進医療が必要であればぜひ関西労災病院へ患者様を紹介していただきたいとのお言葉をいただきました。

ちょうど先日も、当院の大腸カメラで発見した大腸がんの患者様を直接、副院長である村田先生にご紹介させていただき、ご診察、手術をしていただけることとなりました。村田先生から丁寧なお返事を頂き当院としても患者様にとっても大変心強く思います。

関西労災病院は、外科のプロフェッショナルのあかしである内視鏡技術認定医を取得されておられる先生方が多数おられます。この、内視鏡技術認定試験はとても厳しい審査で、長く続けていたからといってだれでもとれるものではありません。当院の院長ももし手術を受けなければならないならぜったい技術認定を持った先生にお願いしたいと思っています。また、ロボット手術(ダ・ビンチ)などの先進医療はもとより、オプジーボなどの最新の抗がん剤による化学療法も行われており、最先端の治療を受けることができます。

当院では胃カメラや大腸カメラ、エコー検査を積極的に行って、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、甲状腺がん、その他のがんなどの早期発見に努めています。もしガンが疑われても関西労災病院という心強い施設が近くにあり、いつでも日本でトップクラスの先生にご紹介できるのは当院としてもとても幸せなことと思います。

胃カメラ、大腸カメラ、その他、ご紹介のご希望がございましたら是非、当院へご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME